WebDAVシステム

WebDAV, Proselfについて

WebDAVとは、ローカルファイルの操作をインターネット上で行えるツールの総称であり、本学ではWebDAVツールの一つであるProselfを導入しています。 学術情報総合センターPC以外の端末からリモートで学内の個人領域(Zドライブ)へのアクセスが可能となります。

ファイル構造と注意点

Zドライブのファイル構造は以下のようになっています。

Proselfにおいて、TOP→OCUIDがZドライブ直下にあたります。
学内PCのデスクトップ・ドキュメント等のフォルダといった個人ファイルは、全てZドライブに格納されており、上画像のように位置しています。
他ユーザーから共有認証をされたフォルダはZドライブ直下に置かれます。
※元々あるフォルダはシステムフォルダですので絶対に削除しないでください。

ログイン方法

Proselfにアクセスし、OCUID(アルファベット小文字)とパスワードを入力し、ログインをクリックします。

自分のデータを操作する

アップロード方法

  1. ユーザー名のフォルダをクリックします。
  2. 任意のフォルダをクリックします。
  3. アップロードしたいファイル・フォルダを画面にドラッグ&ドロップします。
もしくは
  1. アップロードボタンを選択してファイル・フォルダを選択します。

ダウンロード方法

  • フォルダ:右クリックし、一括ダウンロードを選択します。
  • ファイル:左クリックすると自動的にダウンロードされます。

移動・コピー・名前の変更/削除方法

  1. 操作したいファイル・フォルダにチェックマーク☑をつけます。
  2. ファイル操作をクリックします。
  3. 希望の操作を選択します。
もしくは
  1. 操作対象のファイル・フォルダを右クリックし、希望の操作を選択します。

データ共有

自分のファイル・フォルダを他人と共有することができます。 以下の3つの機能が搭載されていますので、目的に応じて使い分けてください。
各方法と実行可能な機能
共有フォルダ 受取フォルダ Web公開
本学在籍者以外のアクセス × ×
データ配布 ○※1 ×
データ回収 ○※2 ×
  • ※1:共有するユーザー(読取り専用)を選択します。
  • ※2:共有するユーザーを選択します 共有者は誰でもファイルの読み書き権限が与えられますので、ファイルの取り扱いにはご注意下さい。詳しくはこちら

共有開始方法

(1)共有フォルダ

  1. 共有対象のフォルダを選択☑します。
  2. 共有設定ボタンをクリックします。
  3. 共有フォルダを選択します。
  4. 共有しないユーザ一覧から氏名or学籍・教職員番号で共有したいユーザを絞り込み、参加をクリックします。
  5. 共有したいユーザを全て参加させた後、作成してをクリックします。

共有権限について

  • 共有するユーザーを選択すればファイルのダウンロード・アップロード・削除、全ての権限が与えられますので、元ファイルを削除するリスクがあります。
  • 共有するユーザー(読取り専用)を選択すれば、ファイルのダウンロードのみの権限が与えられます。

(2)受取フォルダ

受理者側

  1. (1)1.2と同様の操作を行った後、受取フォルダをクリックします。
  2. アドレス部分をコピーします。
  3. 必要に応じて、チェック・設定内容を入力し作成をクリックします。(セキュリティ上の観点から、パスワードは必ず設定してください。)
  4. 3. でコピーしたアドレスを、メール等で提出者に知らせます。
※アドレスを再度確認したい場合、「右クリック→詳細」をクリックし、公開アドレス欄に記載されています。

提出者側

  1. 受理者から知らされたアドレスをブラウザで開きます。
  2. ファイルを受取フォルダ内にドラッグ&ドロップし、アップロードします。
  3. ファイルがアップロードされたことを確認し、戻るをクリックします。

(3)Web公開

  1. (1)1.2と同様の操作を行った後、Web公開をクリックします。
  2. 必要に応じて、チェック・設定内容を入力し作成をクリックします。(セキュリティ上の観点から、パスワードは必ず設定してください。)
  3. 3. でコピーしたアドレスを、メール等で提出者に知らせます。

共有停止方法

共有フォルダの停止方法を例に挙げます。
  1. 共有フォルダ管理をクリックします。
  2. 共有を停止したいフォルダを選択します。
  3. 共有停止をクリックし、停止をクリックします。